北のグルメ亭の海鮮丼は旨い!札幌で新鮮な海の幸を食べるならここ

北のグルメ亭
3480円
北のグルメ亭

北のグルメ亭は市場に併設された札幌でも有名な店です。
市場で提供されている新鮮な海の幸をいただくことができます。
朝の7:00からオープンしているので朝ごはんにも最適!
さて、どんな料理がいただけるのか?
探検してきました!

北のグルメ亭はどんな店?

北のグルメ亭

「北のグルメ亭」は札幌中央卸売市場の場外市場にある「北のグルメ市場」内で営業している飲食店です。
とても有名お店で店内は芸能人のサインで一杯!

新鮮な海の幸を朝早くから頂くことができます。
とても有名なお店で、札幌市内のホテルにはパンフレットが置いてあり、事前に予約しておくことで送迎バスで迎えに来てくれるとのことでした。
今回は、送迎バスを使用せずに地下鉄を使用しましたが、地下鉄の駅から少し歩くことになるので、送迎バスが快適と考えられます。

北のグルメ亭 店内 サイン

店内の雰囲気

店内は驚くほど広いです。
1階、2階席があります。
320席という大キャパ!

活気があふれる店内で、店員さんのホスピタリティも素晴らしいです。
繁盛店の雰囲気がありますね。

営業時間

7:00 ~ 15:00 (365日年中無休)
(ラストオーダー 14:30)

アクセス

札幌市中央区北11条西22丁目4-1

電車で訪問する場合は二十四軒駅
または、JR桑園駅から徒歩になります。

中央区・北区のホテル
札幌駅北口から送迎バスも出ていますので予約するのもありです。

送迎バスの詳細

北のグルメ亭のうにいくら丼のお味は?

北のグルメ亭 ビール

北のグルメ亭で生ビールを注文!
北海道限定の
サッポロクラシックビール
海苔の佃煮の突き出し付きです。

ジョッキがキンキンに冷やされているのも良い!
驚くほど冷やされた美味しい生ビール!
朝から飲むビールは旨いです。

個人的には…同じサッポロクラシックビールでも…一番おいしい状態で提供されていると思います。
ジョッキを冷やしているのは、些細なことのようですが、飲む側にとっては非常に重要!
案外ジョッキを冷やしている店は少ないのです。

北のグルメ亭 うにいくら丼

うにいくら丼(税込み3,480円)!
朝から贅沢な丼ぶり、「うに」「いくら」という王様二台巨頭による
夢の共演!

中央卸売市場ということもあり…
あり得ないレベルのうにといくらが食べられますよ。
丼ぶりには、数の子の松前漬けが付いており…これがまた旨い!
めちゃくちゃ日本酒に合いそうです。

この松前漬けは「北のグルメ市場」で購入することもできます。

北のグルメ亭 うにいくら丼

いくらが宝石のように輝いています。
ウニも丼ぶりの中で所狭しと並んでいます。
一つのうにから少ししか取れないものを…これだけたっぷり!
ほんまに贅沢!
丼ぶりは見た目の美しさも大切ですよね。

北のグルメ亭 蟹汁

蟹汁は市場前の店員さんから無料チケットを貰い注文した物になります。
通常注文すると260円なので、無料チケットはありがたい!
丼ぶりに味噌汁は必須!
そして、この蟹汁も妥協無く美味しい!

しっかりとした出汁の旨みに蟹の甘味が加わっています。

北のグルメ亭 うに

ウニは口に含むとほんのり磯の香りがあり…その後にやってくる、ほんのりとした甘味と旨みの濃さが素晴らしい…
初めてウニを食べようとした人に感謝!
あんなトゲトゲした生き物を割って中身だけ食べようなんて…到底思いつきません。

北のグルメ亭のうにいくら丼のごはんは、酢飯ではなく通常のごはんです。
北のグルメ亭で使用されている、丼ぶりの米は、北海道産「ななつぼし」と「ふっくりんこ」のオリジナルブレンド米、
通常のごはんであるからこそ、ウニの旨みもしっかりと感じられるのかもしれません。

ウニはプリン体を多く含むため、痛風には注意する食べ物の一つです。
しかしながら、ビタミンAを豊富に含んでいるためアンチエイジング効果も見込める食材なのです。

北のグルメ亭 いくら

ええランチ管理人はウニよりもいくらが好きです。
北のグルメ亭のいくらは3種類あり、無添加の醤油でつけられた昆布だしベースのもの、鮭節ベースのもの、通常の醤油漬けのいくらです。

北のグルメ亭 メニュー

店員さんに確認したところ、「通常の醤油漬けのいくらの丼ぶりが一番でていて食べやすい」とのことでしたので今回は通常の醤油漬けいくらをいただきました。
このイクラまでもが素晴らしく…皮が薄く口に含むと簡単につぶれていきます。

いくらの皮の厚さは、鮭を採る時期などに影響しており、産卵近くになるとだんだんといくらの皮が固くなります。
そして、卵を産むときが最もいくらの皮が厚く硬いものになります。
つまり、海でとれた鮭 > 河口でとれた鮭 > 川でとれた鮭 でいくらの皮の硬さが変わるのです。
好みもあるかもしれませんが、皮が柔らかく口に含むとすっと溶けるようなイクラは上級品!

なんとも、ええいくらを使用した丼ぶりです。
ウニ、いくら ともに一級品です。
ぐっジョブです
北のグルメ亭は間違いなく…札幌旅行時には立ち寄ったほうが良いお店です。

北のグルメ亭 店内写真

芸能人も多数訪れています。
グルメで有名な渡部健さんも訪問していることから…
間違いないお店なのでしょう。

店内の写真や、サインを見ているだけでも楽しくなります。

北のグルメ亭のメニュー

北のグルメ亭 メニュー

北のグルメ亭では、たくさんの海鮮丼メニューがあります。
メニューは、北のグルメ亭公式HPで確認するのが確実です。

北のグルメ亭 70周年特別企画

70周年記念で「本日のおすすめ丼」というのも提供されていました。
イベント時にはHPに記載のない特別なメニューも提供されているようですね。

このときに提供されていたのは
本鮪ねぎとろ、いくら、ぼたんえび、さめカレイ、たらばがに、さくらます、たら子です。
全部入って税込み2,000円!
旬のさくらますが入っているところが熱いメニューです。

北のグルメ亭 メニュー

海鮮丼だけでなくて、刺身や蟹、焼き魚なども楽しめます。
丼ものが苦手な人や、朝からこんなに食べられないよ…という人は刺身や焼き魚と190円のご飯セットを注文するのもおすすめです。
というより、このご飯セットは安すぎる気がします。

縞ほっけ 炭火焼

こちらがしまほっけ焼き(1,050円)です。
ものすごく立派なサイズのしまほっけです。
このサイズで1,050円はほぼ原価では?
素晴らしいです!
もちろん味も素晴らしい!
身が分厚く、しっとりと食べごたえ満点のしまほっけ!

北のグルメ亭 メニュー

活イカの姿づくりなど、北海道ならではな新鮮な海鮮を味わうのに、北のグルメ亭は最適です。
キャパも広いため、とくに待たずに入れました。朝ごはんやランチに使用使用してほしい店!
海鮮丼を食べた後には、場外市場でお土産も購入できるので旅行の場合はオススメです。

ええ「うにいくら丼」ご馳走様でした!!

ぐっジョブポイント

  • 北海道でも屈指の海鮮丼が食べれる店!
  • 札幌市内からでも訪問するべき店
訪問日:2019/04/21

お店情報

店名北のグルメ亭
住所北海道札幌市中央区北11条西22-4-1 北のグルメ亭
地図表示
電話番号011-621-3545
定休日無休
営業時間食堂 7:00~15:00(ラストオーダー14:30)
市場 6:00~17:00
  
お読みいただきありがとうございます。
もしも当記事を読んで このお店に行ってみたいな
と興味深くおもわれましたら
以下のソーシャルメディアボタンで
共有してもらえると嬉しいです。
もしよろしければフォローもお願いします。
ええランチ探検隊は日本ブログ村、ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村

食べ歩き ブログランキングへ

この記事にコメントを書く

記事の感想をお待ちしております♪

ええランチ探検隊ではコメントの掲載について事前承認制を採用してお りますので予めご了承ください。



Page TOPへ