つじ半のぜいたく丼!東京日本橋の行列ができる二段構えの海鮮丼

つじ半
1980円
つじ半

つじ半は東京日本橋にある行列のできる海鮮丼の店です。
ぜいたく丼と呼ばれる素晴らしい海鮮丼がいただけるとのこと…
さて、どんな絶品丼ぶり料理がいただけるのか?
探検してきました!

つじ半はどんな店?

つじ半行列

つじ半は、つけ麺の有名店「めん徳二代目つじ田」と、天丼の有名店である「金子半之助」の2つの店がコラボして作られた海鮮丼の店です。

「つけ麺」と「天丼」って…ぜんぜん海鮮丼と関係ないやん…
そのように思いますが、ここの海鮮丼はとてもお値打ちで驚くほどおいしいとのことで…
連日行列ができています。

私が訪問した日は平日の18:00頃ということでしたが…
約1.5時間ほど行列に並ぶ必要がありました。

しかし、並ぶ価値の十分にある海鮮丼がいただけますぞ!

平日は通し営業に変わったので…行列に並びたくない場合は3時から5時の間にお伺いするのがベストでしょう!

つじ半の雰囲気

つじ半行列

店内はまるで寿司屋や割烹料理屋のようなカウンターのみのお店!
清潔感がありとても綺麗です。

カウンター内の職人さんがきびきびと海鮮丼を作られています。
とても静かで…落ち着きますね。

外で待っていた時の街並みとは別世界のような凛とした雰囲気のお店!

提供される海鮮丼への期待感も否が応でも上がります。

営業時間

定休日:お盆・年末年始

[月~金]
11:00~21:00(L.O)
[土・日・祝]
11:00~21:00(L.O)

最近営業時間を変更されて、平日でも通し営業になりました。

アクセス

東京日本橋にあるお店、日本橋からも徒歩2分程、東京駅の八重洲口から歩いても5分程で着く好立地

つじ半のメニュー

つじ半メニュー

つじ半のメニューはシンプル!
ぜいたく丼の一本勝負!

松竹梅の3段階のメニュー構成になっています。


  • 990円
  • 竹 (梅 + かに増量 + いくら)
    1,450円
  • 松(竹 + かに増量 + うに)
    1,980円

ランクが上がるにつれて、いくらやうに、かにが追加されるようです。

つじ半のぜいたく丼のお味は?

刺身

1.5時間という長時間の行列に並んだ後、席についた際に最初に提供されるのが、こちらのお刺身…
時期や季節によって提供されるお刺身は違うようですね。

あったかいお茶も提供されて…
寒い中で行列に待った後の体に染み渡ります。

刺身

お刺身はびん長まぐろですかね?
刺身2切れにはゴマダレがかけられています。

ここで注意なのですが、つじ半の海鮮丼の食べ方では、刺身は2切れ残しておく必要があるのです。
全部食べないようにしましょう。

ぜいたく丼(松)

海鮮丼が提供されました。

今回1時間半にわたる行列に並んだので…まよいましたが一番高価な松(1,980円)にしておきました。

周りを見渡すと注文は梅が多いようです。

確かにこの海鮮丼のうまさをシンプルに味わうのであれば、いくらやうにが入っていない梅がベストなのかもしれません。
また、1,000円でこのレベルの海鮮丼が味わえるのであれば大満足でしょう。

人間の心理として、高い価格のメニューのほうが満足度が高くなると感じるものですが…
梅の注文が多いところから、こちらのお店の本質を知るには、梅のほうが良かったのかもしれません。

ぜいたく丼食べ方

つじ半の海鮮丼の食べ方には順序があります。

あくまで店主のオススメの食べ方なので、お客様のお好みで召し上がってくださいとのことです。

  1. 最初に黄身醤油をお出ししますので、わさびを溶いて余すことなく丼にかけてお召し上がりください。
  2. 別皿の刺身は締めの鯛だし用に二切れ残してお召しあがりください。
  3. お好みのタイミングで、鯛だしをお入れいたしますので、板前までお申し付けください。
    (丼が空になってからがおすすめです。ご希望により御飯を追加いたします。)
  4. 鯛だしがはいりましたら、盛った刺身をいれてお召し上がりください。

つじ半の海鮮丼は食べ終えた後に鯛出汁の茶漬けをいただける二段構えの海鮮丼なのです!

ぜいたく丼(松)

海鮮丼のごはんの上にたっぷりの魚介類が乗せられています。
海鮮丼の刺身は細かく角切りにされており…刺身を叩くことで、それぞれの刺身が混ざりあっています。

高く盛り付けられた刺身は見た目も豪華で素晴らしい…

ちなみに、つじ半の海鮮丼の飯は、酢飯ではなくて、御飯です。

ええランチ管理人は海鮮丼の飯は酢飯がベストだと考えています。

しかし、つじ半の海鮮丼の場合は別ですね、最後の鯛出汁の茶漬けが食べれられるので…酢飯よりも御飯のほうがぴったりです。

また、海鮮丼にかける醤油は…

黄身が混ぜられた黄身醤油…

黄身醤油に好みの量のわさびを溶かして、まんべんなく丼ぶりにかけましょう!

ぜいたく丼(松)

イカ、数の子、マグロ、中落ち、蟹、きゅうり、ネギ、うに、いくら、えび、貝…

全ての具材が絡み合い、融合した旨さは…
玄妙極まりないもの…

恐るべしつじ半のぜいたく丼!

ぐっジョブです

この日の昼に、築地で海鮮ひつまぶしを食べたのですが…
その海鮮丼に勝るとも劣らない美味さ…

海鮮の旨みだけでなく、きゅうりのシャキシャキとした歯ざわり、数の子や貝類のコリコリした食感!

濃厚でクリーミーな雲丹の磯旨み…いくらもプチプチと楽しい
また、ネギの清涼な香りが素晴らしい。

全てが絶妙で…全ての具材が融合する旨さは

本物です。

行列ができるのも納得…

お茶漬け

海鮮丼を食べを終えた後、板前さんにお願いすると、どんぶりの中にごはんと鯛だしを注いでくれます。

なんと、海鮮丼だけでなく、鯛だしの茶漬けが頂けるのです。

つじ半の海鮮丼の醍醐味…
それはこの二段構えの海鮮丼と鯛だし茶漬け!

大満足の海鮮丼のあとの締め…

ぐっジョブです

お茶漬け

もちろん、2切れ残しておいた刺身を入れることをお忘れなく…

個人的には、刺身を茶づけにするのは否定派ですが、少し火が入った刺身は温かく…風味が増すような気がしますね。

茶漬けの三つ葉や胡麻も素晴らしい香りを放ちます。

最後まで大満足の海鮮丼!

これほどの海鮮丼が東京駅のすぐ近く、日本橋でいただけるのは感動!

なるほど、これほどお客さんが並ぶのは当たりまえといって良いでしょう。

海鮮丼と茶漬けの二段構えの海鮮丼は素晴らしい逸品です。

訪問日:2017/03/29

お店情報

店名つじ半
住所東京都中央区日本橋3-1-15 久栄ビル つじ半
地図表示
電話番号03-6262-0823
定休日お盆・年末年始
営業時間[月~金] 11:00~21:00(L.O)
[土・日・祝] 11:00~21:00(L.O)
  
お読みいただきありがとうございます。
もしも当記事を読んで このお店に行ってみたいな
と興味深くおもわれましたら
以下のソーシャルメディアボタンで
共有してもらえると嬉しいです。
ええランチ探検隊は日本ブログ村、ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村

食べ歩き ブログランキングへ

この記事にコメントを書く

記事の感想をお待ちしております♪

ええランチ探検隊ではコメントの掲載について事前承認制を採用してお りますので予めご了承ください。



Page TOPへ