パスタではなくスパゲティです!!  スパゲティ専門店タブキ

スパゲティ専門店タブキ
850円

スパゲティ専門店タブキの外観難波のボディーメーカーコロシアム裏で昭和感が半端ではない!!
只者ではない店を見つけました。

スパゲティーの専門店とのことですが
どんな料理が出てくるのでしょうか。

勇気を振り絞って入ってみました。

ところで、パスタとスパゲティの違いは何でしょう?
私は、古風な人はスパゲティと呼び、
おしゃれな人がパスタとと呼んでいるんだ
と思ってました。
※ズボンをパンツと呼ぶような感じ

調べてみると、スパゲッティはパスタの一種
中が空洞でない筒状の細長くて1.6~1.9ミリ
であるものをスパゲッティと呼ぶそうです。

スパゲティ専門店タブキのメニューの外観
店内も独特な雰囲気です。
昭和のアメリカが感じられます。
カウンターには、なぜかたくさんのバナナが
置かれております。
メニューは絵本のようになっており
おしゃれです。

メニューは大まかに、
和風の醤油スパゲティと
トマトベースのスパゲティ、
クリームベースのスパゲティに
分類されています。
(ナポリタンもあります)

スパゲティ専門店タブキのメニュー

初来店だし、ここはトマトソースベースで
様子を見ようと考えて、トマトエビを
注文しました。

パスタは注文があってから茹で始めます。
店主が一人で切り盛りされているので
スパゲティと、サラダの準備が大変そうでした。

タブキのトマトエビのお味は?

スパゲティ専門店タブキのえびとトマトのパスタ
和風のお皿にのってスパゲティが出てきました。

スパゲティには、サラダが付きます。
サラダには、なぜかバナナが付いており、
さらに、ウインナーの天ぷらが入っています。
サラダにバナナを使うのであんなにたくさんの
バナナをカウンターに置いているのだと
納得をしました。

サラダにカオスを感じましたが、
パルメザンチーズがかかった、スパゲティはよい
雰囲気です。

では、「いただきます」と、
食べてみたところ、パスタではなく
これはスパゲティと呼ぶのが納得できました。

とても懐かしい味がします。
イタリア料理店の本格的なパスタ料理ではなく
家庭で作るスパゲティに近いのです。

たっぷりのたまねぎは甘く、少し酸味の利いた
トマトソースと合います。
また、入っているエビが以外に大きいサイズで
5尾ほどでしたでしょうか?
たっぷり入っていました。

また、エビの火の入り方もちょうど良く
ぷりぷりです。

スパゲティ専門店タブキのバナナジュース

食後には、バナナジュースが出てきます。
このバナナジュースは砕いた氷がたくさん入って
いるため、スムージーのような食感です。
濃厚なバナナの味でしっかりと甘くぐっジョブです!!
この日はとても暑かったため、
バナナジュースはとてもうれしい食後の1杯でした。

ええランチご馳走様でした!!

ぐっジョブポイント

  • 冷たくて甘い、おいしいバナナジュース
  • カオスなバナナサラダ
訪問日:2014年8月11日

お店情報

店名スパゲティ専門店タブキ
住所大阪府大阪市浪速区難波中3-8-22
地図表示
電話番号06-6649-7577
定休日無休
営業時間
  
お読みいただきありがとうございます。
もしも当記事を読んで このお店に行ってみたいな
と興味深くおもわれましたら
以下のソーシャルメディアボタンで
共有してもらえると嬉しいです。
ええランチ探検隊は日本ブログ村、ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村

食べ歩き ブログランキングへ

この記事にコメントを書く

記事の感想をお待ちしております♪

ええランチ探検隊ではコメントの掲載について事前承認制を採用してお りますので予めご了承ください。



Page TOPへ