川村屋のとり肉そば!横浜は桜木町駅名物のお蕎麦はハズレなし!

川村屋
370円
川村屋

そば、うどんの川村屋は横浜は桜木町駅の名物店です。
川村屋は明治33年創業で昔は西洋食堂でした。
今は蕎麦屋として長年経営してきて…
歴史あるお店になっています。
さて、どんなお蕎麦がたべられるのか?
探検してきました!

川村屋はどんな店?

桜木町駅名物

川村屋は歴史の長い立ち食いそばのお店です。
明治5年初代の横浜駅は現在の桜木町駅の場所にできたのです。
その後、1915年(大正4年)に2代目横浜駅が今の横浜駅と桜木町駅の中間にできて、初代の横浜駅は桜木町駅に改称されたのです。

改札脇の川村屋はなんと1900年(明治33年)に創業されたのです。

明治33年に西洋食堂として開店したお店は、現在まで続き、立ち食いそばの店として残っています。

時代の流れに合わせて形態を変えてきたのですね。

そんな伝統のあるお店なのですぞ!

店の雰囲気

立ち食いそば店の雰囲気…正確には立って食べるスペースはカウンターのみで、座って食べることができますよ。

1分以内に提供されるそばは…駅前でさっと食べるのに非常に適しています。

朝7時から営業されているので朝食に持ってこい!

営業時間

定休日:無休

6:30~20:00(L.O.19:50)

アクセス

駅前脇すぐにあります。

川村屋の名物メニュー

桜木町駅名物

桜木町駅名物の有名なメニューは「とり肉そば・うどん(370円)」です。

何にしようか迷ったなら名物ならハズレ無しとのこと…

こちらの店のとり肉そばは鶏肉が非常に柔らかく煮込まれていて…

ほろりと肉の繊維がほどけるほどだそうです。

川村屋としてこのメニュー推しならば…

ええランチ管理人はこのメニューを注文しましょう!

川村屋のとり肉そばのお味は?

とり肉そば

関東のおそばなので、かつおだしベースの汁ですかな?

黒っぽいだしが関東に来たんだなと認識させてくれます。

提供されるまでの時間なのですが…

1分以内、おそらく30秒ほどでそばが提供されました。

鶏肉はあらかじめ柔らかく煮込まれているようで、別の入れ物に入れて保管されています。

そばのみを茹でてスープをかけたら完成なのです。

提供スピードの速さに感激しながら駅方面の座れるカウンターのテーブル席に座ります。

たくさんのサラリーマンの人達がそばに食べられています。

きっと、朝ごはんの定番なんでしょうね!

とり肉そば

名物のとり肉そばの鶏肉は、胸肉を使用していると思われます。

口に含むとほろりとほぐれるぐらい柔らかい!

旨いですね…そばの付け合わせとしてはこれぐらいシンプルなもののほうが良いのかも…

鶏肉自体は冷たくなっているので、そばつゆで温めて食べると吉!

とり肉そば

驚いたのはそばの旨さ!

私は結構立ち食いソバが好きで…大阪でいうところの「都そば」や、「阪急そば」などはしっかりと抑えています。

川村屋の「そば」自体は、ほかの立ち食い店と変わらず茹で麺なのに…

この食べごたえは何?出し汁の違いでこれほどまでにそばの食感とか味わいが変わるものなのかと衝撃をうけましたね。

シミジミ美味しいという表現がふさわしいのか?

日本人にDNAに訴えかける旨さ!

ええやん!このそば!

ほんとのことを言うと…そばつゆが黒いな…そんな風に思って食べていました。

桜木町駅でサクッとそばを食べるならば…川村屋がおすすめですぞ!

川村屋はこれからも桜木町駅で賑わい続けるばかりです!

ええ朝食のそばご馳走様でした!!

ぐっジョブポイント

  • あっさりとしたとり肉そばは朝食にぴったり!
  • 伝統を感じる一杯がそこにはあります
訪問日:2017/06/20

お店情報

店名川村屋
住所神奈川県横浜市中区桜木町1-1 桜木町駅構内 川村屋
地図表示
電話番号045-201-8500
定休日無休
営業時間6:30~20:00(L.O.19:50)
  
お読みいただきありがとうございます。
もしも当記事を読んで このお店に行ってみたいな
と興味深くおもわれましたら
以下のソーシャルメディアボタンで
共有してもらえると嬉しいです。
ええランチ探検隊は日本ブログ村、ブログランキングに参加しています。 応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村

食べ歩き ブログランキングへ

この記事にコメントを書く

記事の感想をお待ちしております♪

ええランチ探検隊ではコメントの掲載について事前承認制を採用してお りますので予めご了承ください。



Page TOPへ